醤油博物館

黒豆の物語り

僕は黒豆ちゃん、温かい甕に住でる。

180 日前の事はいまだにっきり覚えてる、ベテラン達人僕たちを掌の上に優しく包み、小さいな鼻歌をがら「黒豆ちゃん甕入れ精 一杯に世話し、 一百八十 日醸し、食卓の美に」。

達人思いを強く感じ百年歴史を持つ独自のレシピで成長した姿へ期待感ます強くなってき た。西螺の温かい気候と適中な湿度、さらに濁水溪の良質な水を加え、最適な成長(醸造)環境を作ってくれた。

みんなさの期待を応えるため、 180 日の僕が一滴な醸粋黒豆醤油になれるよう精一杯頑張る。